カテゴリ:日本での子育て色イロ( 5 )

 

子育て支援について考えてみる

桜の季節になってきましたね。
桜よりも一足早い梅や桃の花など、見かけるピンクに気持ちが晴れやかに感じる春です。
眼鏡橋の近くでも、諏訪神社の境内でも春色を発見。
d0191206_21542518.jpg
寒かった冬の終わりと1番大変な産後3ヶ月を脱したから、晴れやに感じるのかもしれませんが、私の場合、三人娘の育児を両親に手伝ってもらっているから、現在笑って育児ができているのだと思います。
長女の時は、はじめての赤ちゃんとの生活、引っ越してきたばかりのアメリカ、異国で赤ちゃんが病気にならないように…など、経験がない分見えないプレッシャーがあり、肩に力が入った育児をしていたように今は感じます。だから、泣いたらすぐに抱くし、泣かないように赤ちゃん中心の生活だったような。
もちろん、赤ちゃんとの生活は楽しくて可愛かったのですが、親戚や以前からの友人がいない中で、会うお友だちはほぼみんな同じように子ども連れだから、だれかに自分の赤ちゃんを抱いてもらう、預ける、ということがない状況でした。
d0191206_22201665.jpg
それに比べて今は、赤ちゃんが2人いるという大変さはありますが、大変な日は運命共同体の母も同じ大変さで共感し合えるし、長女とのお話しで和んだり笑ったりで、赤ちゃん育児がリセットされる瞬間があるように思います。3人の要望に応えるには、どこかのタイミングで誰かが泣いていても、「ちょっと待ってね〜。順番こにお世話するからね〜。」と、待たせて泣かせておくしかなく、泣き声が他の声にかき消されたりで、泣き声にも慣れるというか、泣き声でかかるプレッシャーも小さいような。1人で2人をみてる時など、文字通り手が足りなくて仕方ないのです。
でも、誰かの手伝いがないと、産後ウツの時期や、1人で育児しているいわゆるワンオペ育児の人は吐き口がなくて大変をリセットするチャンスがないのかも。
長崎で出産したら、産後に民生員の方、役所から保健師さんが訪ねて来られました。
出産した病院の助産師さんからも感じたことですが、皆さん子どもの発育と同時に、母親である私の産後の経過や健康状態などを尋ねてくれて、大変でしょう⁈まずはお母さんの身体が大事だから、焦らずゆっくりでいい、無理しないでいい、と、労ってくれました。
これは、自分で自分にはかけてあげれない言葉で、身内以外の人から言われることで、何だか負担が少し軽くなる気がしました。
もちろん、体重計を持ってきて、赤ちゃんを裸んぼにして乗せたりするときは、体重での発育もですが、きっとアザなど虐待がないか等、赤ちゃんを守るためのチェックもしているんだと思います。
そして、何かあればいつでも相談してください、と言われます。
地元でもなく、頼りにできる人がいない環境で子育てする人には、何かしらそんな窓口があるというのは安心材料だと思います。
実際に連絡したことはありませんが、海外で初めての育児を経験したあと、はじめて自治体の子育て支援の一部を体験して、こういう制度がなかった頃で、女の人は子育てして当たり前、家にいるんだから簡単だ、と扱われていた時代のお母さんたちはきつかっただろうなぁ、それに比べたら、子育てしやすい時代になってきてるのかも⁈とも感じました。
d0191206_00110056.jpg
なかなかまとまりがありませんが、このような子育てを支援してくれる環境のことを書きたいと思ってるうちに、また書きかけては時間がながれて、お諏訪さんの桜も咲きはじめていました。
アメリカでよく、“ママがハッピーなら赤ちゃんもハッピー〝と言われていましたが、色んな応援や見守りの中で、楽しんで小さな人を大きくしていく環境が、どの赤ちゃんにもあるといいな、ハッピーベイビーでいれるといいなと思います。
私が、大変ながらも実家というぬるま湯の中で子育てさせてもらうのもあと少し。四月からおきる色んな変化に向けて準備中の3月後半です。


[PR]

by hue2010 | 2018-03-21 23:53 | 日本での子育て色イロ | Comments(0)  

2月のイロイロ

2月になってすぐに、書きかけて保存していたブログ。
鬼はそと〜!福はうち〜〜!と、節分の話題。
すっかり時間が流れていました。
娘が幼稚園で作ってきた鬼さんと、お友だちがくれた鬼さんのお菓子たち。
やっぱり、日本の季節行事っていいな。
d0191206_12292058.jpg
節分に長崎にいるのは久しぶりで、
近所の神社にお参りに行き、たくさんお豆やお菓子を拾って、福をわけてもらいました。
d0191206_12294762.jpg
小鬼も真剣!自ら自作の鬼さんを被って来ました。
幼稚園の豆まきでは、鬼が怖くて泣いてなげれず、キョロキョロしながらお菓子は拾いに行ったらしい。でも、鬼から男の先生のお声がしたそうな…^_^泣いたわりには、しっかり観察してたみたい。
d0191206_12294992.jpg
2月は節分からはじまり、97歳だった祖父が他界しました。大往生で、寝てるかのようだっだからまだ実感は湧きませんが、冗談を言ったりできる優しいおじいちゃんでした。
自分が親になり、子どもたちが孫として、両方の両親に可愛がってもらっている今、祖父母のありがたみを感じます。
ひいじぃじ、ひいばぁばのお話し、娘からたちがわかるようになったら、ちゃんと話して聞かせていきたいと思います。

2月は日数が少ない分、すぐに終わってしまいそう。今月は娘の幼稚園でコンサートがあり、参観があり、遠足があり…。双子ちゃんたちももうすぐ3カ月になり、よく笑うようになりました。なんだか少しずつ、春の足音が聞こえてきたような気がします。

[PR]

by hue2010 | 2018-02-06 12:27 | 日本での子育て色イロ | Comments(0)  

1月は誕生祭!

1月は誕生祭!
長女が無事に3歳になりました。
毎年、お誕生日には帽子をつくっていましたが、今年はできないなぁと諦めていましたが…
d0191206_20110040.jpg
長く被れる帽子じゃなくても、一緒に工作するくらいならできる!と、やってみました。
ひと針も縫わない帽子。
100均に2人でいき、フェルトの色を選ばせて、贈り物についていたリボンなどだけの、材料費200円くらいの帽子ですが、貼るフェルトをシール感覚で、娘がペタペタ貼り出来ました^_^
写真撮るよ〜、と言うと何故か慌ててサングラスをして登場。
d0191206_09435305.jpg
ちなみに、2017年、2歳の時は時計。
d0191206_09494181.jpg
そして2016年、1歳の時はケーキ。
d0191206_09525446.jpg
まだまだ3歳、もう3歳。
嬉しいような、ちょっと寂しいような。
最近はおしゃべりが止まらなくて、一筋縄ではいかなくなったり、双子の赤ちゃんたちがいて、思うように接することができないことも。
魔の2歳児、悪魔の3歳児と言われるのでハラハラですが、元気に親子で楽しく過ごせたらいいなぁ。
d0191206_03411897.jpg
そして、娘の3日後は私がお誕生日。
完全についでのようになってきましたが…。
相方がお花をくれたり、
d0191206_03424972.jpg
お友だちたちが、サプライズでお祝いしてくれたり、私も暖かにお祝いしてもらい、またひとつ大人になりました。
三姉妹がいるから、くたばるわけにはいかないので、まずは健康第一で、おばちゃん母さん頑張りたいです!

[PR]

by hue2010 | 2018-01-29 07:22 | 日本での子育て色イロ | Comments(0)  

2歳9ヶ月のムスメの成長記録

幼稚園に通い出して1ヶ月半。幼稚園がすっかり大好きになり、お友だちの話しも増えてきました。9月には初めての運動会も経験し、最近は予想はしていたけど、先生に憧れだしたようで、ピアノを弾くマネや出席をとったり、やっぱり女の子だなぁと感じます。
最近の娘はお絵かき、シール、ぬりえ、が大好きなようです。
時に驚くくらいじょうずに書けたり、書いた理由を聞くと面白かったり。
胴体を私が書いて、顔などはあとはおねがーい、というとこうなりました。
d0191206_22265485.jpg
顔を描くのが上手になったなぁ。
2枚目はこんな感じで…
d0191206_22275654.jpg
なぜか毛むくじゃら^_^
数を数えながら、どんどん線を追加。 
毛深〜い(*'▽'*)
d0191206_22304320.jpg
こちらは、紙を破いて顔を書いていたから、これだあれ?と聞くと、腰が痛いと言ってるお母さん!だって。お腹が大きくなり、確かに毎日のようにコシが痛いと言ってるなぁ、私。
たまに遊んでるとき、腰をトントン叩きながら、アー、コシがイタイ!と、いいながら歩き回ってるから面白い。完全にマネされてる…。
そして、最近はお母さん書いて〜とお願いすると、お腹のあたりに2つ丸を書いて、にんにんとさんさんもいるの!と、双子の赤ちゃんたちを書いてくれます。
d0191206_09112726.jpg
ぬり絵も、白雪姫の顔が真緑に塗られていることもあれば、なんだか枠内に上手に塗ってることもあり成長を感じます。
成長を感じるといえば靴。
d0191206_09133419.jpg
ワンピースを着たりする用に、いつもストラップタイプの靴を持っているのですが、実家にあった靴を並べてみたら大っきくなったなぁと実感。
d0191206_09151992.jpg
キラキラのくつ!と呼んでいて、気に入ってよく履いていた靴はボロボロになり、中敷までとれてしまいサイズアウト。この靴で、たくさん一緒にお出かけして、いっぱい遊んだね。
サイズアウトした服や靴をみると、喜びはもちろん、なんだか寂しさも感じます。
出産で買いにいけなくなるので、早めに探して次なるストラップ靴も待機中です。つぎは茶色ベースでゴールドを使った靴!気に入ってくれるかな〜〜。
3歳に続く、残りの2歳の日々は娘にとっては両親と離れて暮らし、姉妹ができる大変化の日々。寂しい思いをさせてしまいますが、成長を楽しみに見守りたいです。

[PR]

by hue2010 | 2017-10-20 22:23 | 日本での子育て色イロ | Comments(0)  

2歳7ケ月のことばの記録

アメリカでも既におしゃべりだった娘が、日本に戻りさらにおしゃべりになり止まらなくなりました。会話として、そんな返し〜⁈と、一言で爆笑をさらったり、言い訳や説明、真似っこも面白い。にさい7ケ月のことばの記録。
色々おもしろいのですが、耳できいて言葉が増えて行くから、言い間違いや歌詞違いシリーズがかなり面白い。
シンデレラ→シンデルラ(死んじゃやだー)
かいもの→かいのも(時々はちゃんと言える)
♪どんぐりころころ
ぼっちゃん→おっちゃん一緒にあそびましょ〜
♪ちょうちょ
さくら→さくらんぼにとまれ〜
など。
d0191206_00054465.jpg
返しも面白くて、遊んでくれていたジィジが泣き真似したところ、「涙でてないよ〜」と冷静なツッコミ。
大きいお腹をみせたら、自分のアンパンマン携帯を持ってきて、おなかに当てて、双子ちゃんと交信。アンパンマンのメロディーを聴かせています。胎児たちをにんにん、さんさんと呼んでいますが、食後にお腹いっぱいでふくれたら、「にんにんがおなかに入った!」と言って、腹芸のように力を入れたり抜いたりしてゆらすのがかなり面白い。
赤ちゃんの誕生をどれくらい理解しているのかは謎ですが、楽しみにしてくれている様子で嬉しいです。産まれたら慌ただしくなるだろうから、今の娘との時間も大事にしたいな。



[PR]

by hue2010 | 2017-09-17 15:50 | 日本での子育て色イロ | Comments(0)