カテゴリ:双子育児に挑む色イロ( 7 )

 

新生活スタートしてます!

気がつくと1ヶ月更新していませんでしたが、
4月から新生活がスタート。
相方さんの勤務地が長崎になり、家族5人での生活がはじまりました。
d0191206_23443978.jpg
ダブルのストローラーもきて、2人を乗せてお出かけする練習中。
この日は成功!2人とも寝た寝た(^ ^)
毎日の生活も、今ある荷物もまだ片付かないうちに無理矢理引っ越しし、アメリカからまだ届いてないものもあり荷物はぐちゃぐちゃ。毎日の食事や掃除などもあり、すでに日々の生活に追われています。毎日のはじまりと終わりが曖昧なまま、日々が過ぎていきます(^ ^)が、日々人間たちは成長していっているので、今は片付く日が来なくても仕方ない‼︎と、割り切って、子どもたちとの生活を優先しようと思います。
d0191206_13322673.jpg
長女もお姉ちゃんをたのしんでくれているようで嬉しい。
文字どおり、手が足りません。(抱く手が〜)まだ母の力を借りています。
だっこローテーションに加入者募集中‼︎(^ ^)
お近くに来られる方、抱っこしにきてくださいね、2人を。
ぎゅうしてあげてくださいね、私を^ ^



[PR]

by hue2010 | 2018-04-25 13:17 | 双子育児に挑む色イロ | Comments(2)  

いろいろめでたいひなまつり

3月になった!と、喜んでいたら、あっという間に半分くらい過ぎていてびっくり!
3月3日は、大好きなひなまつり。
双子ちゃんは初節句、長女は日本で経験するはじめてのひなまつり。それに加えて、双子ちゃんたちが生後丁度100日でお食い初め。ついでに私たちが入籍して7年目に入る日で、何かとおめでたい日になりました。
d0191206_14391622.jpg
娘が作ったおひなさまと一緒に、七段飾りはおてんば娘がいて危ないし、時間もないので私のお内裏さまとおひなさまだけを父がだしてくれました。屏風や扇子などの小物の箱が別だったそうで、お飾りがないままで少々寂しいけど久々に会うおひなさまは、なんだか気分を晴れやかにしてくれました。
d0191206_10490685.jpg
お食い初めの鯛、煮物、酢の物、赤飯、に加えて、ちらし寿司、茶碗蒸し、お刺身、など、おひなさまのお祝いのごはんもあり、昼夜かけて嬉しい食卓になりました。
夜に寝かせるのは、時間と手間がまだかかる赤ちゃんたちですが、夜中一度起きるだけになり、時には朝まで眠ることも。そして、朝起きたら機嫌よく笑うようになりました。
この日を境くらいに、赤ちゃんたちは、昼寝もまとまった時間起きたり、寝たりができるようになりつつあり、いちばん大変な新生児の時期をどうやら脱したようです。
何よりも表情がでてきてよく笑うのがいちばんのご褒美!かわいいです。
双子の妊娠、出産、新生児育児はとても1人でできることではありません。
主人がいないこの時期に、両親の手助けがあってこそです。
特に母は、長女の時と同様に、産前産後の体と気持ちの大変さに寄り添い気遣ってくれたり、家事に育児に私のケアにで自分が一番疲れてるであろう時にも、子どもたちにたくさん愛情を注いでもらい感謝で一杯です。
そのほかにも、お友だちやいろんな方々からの応援やかわいいお祝いにもチカラをもらい、100日を元気に迎えることができて、なんだかしみじみ、じんとしたひな祭りでした。
たくさんの人の協力と愛情を受け取って、三人娘、すくすく育て〜〜‼︎

[PR]

by hue2010 | 2018-03-13 23:15 | 双子育児に挑む色イロ | Comments(0)  

明けましておめでとうとございます!

明けましておめでとうとございます!
気がつくと新しい年になっていて、ベイビーズも無事に1ヶ月が経ち元気に成長中です。
d0191206_16010554.jpg
まだ全然お出かけしていないから、またも検診にいただいたよそ行きのお洋服で。
三姉妹の元気と成長と引き換えに?!私は親だから当然ですが、じぃじ、ばぁばもフル稼働で、大人が3人よれよれになっています(^_^*)

新生児ひとりでも大変なハズが2人だし、その合間合間にもうすぐ3歳児もまだまだお世話が必要で、なかなかの労働量です…。
とはいえ、長女のおしゃべりや行動はすっかり一人前で、大変な日々にも笑いを運んできます。
彼女なりに私の状況を理解して我慢してくれていたようで、
お母さん病院だったからばぁばだったけど、帰ってきたからお母さんとやる!と、
食事はとなりで、寝るときは一緒に、と指示があります。
お母さん、おなかちっちゃくなったら幼稚園一緒に行こうね!とか、
貧血等の薬を飲んでいると、お母さん、どうして病気なの〜?
腰がいたいの、大丈夫?とんとんしてあげる〜、とか元気になったらお風呂一緒にはいろうね〜。とか、私の状況が本調子ではないことも気遣ってくれたり、子どもはスゴイなぁと思います。
写真は関係ありませんが、リボンだけクリスマス気分の2人。
d0191206_03193147.gif
幼稚園に行きだし、すっかりおしゃべりになり、一日中おしゃべりしていて、しかも絶妙なタイミングで長崎弁を使ってきます。
みかんが大好きで、剥きながら、みかん裸んぼになっちゃったー!と言い、
食べ終わったら、みかんがなーい!と、さもみかん側が消えたような寸劇のようなボケポーズをして、もっとちょうだいと言ったり。

サンタクロースがクリスマスに来たら、自分は怖くてお礼を言えないから、見かけたら私がお礼を言うように指示があり、それは日本語でも英語でもどちらでも大丈夫だからね!と、幼稚園で先生が言ってくれたと話していたり。

アメリカの出張先が寒いと話す主人に、寒かったら首にタオルをぐるぐる巻いたらいいよー、とアドバイスしだしたり。

時には小さなおばちゃんにもなります。
赤ちゃんにがっつり接近し、は、は、はじめましてー。
ずーっと病院だったから、会えなかったもんねぇ。と、
もう1ヶ月経つのに話しかけてたり。
寝る前に、じぃじばぁばに向かって、おやすみなさいではなく、どうもお世話になりました〜〜。と、頭を下げてお布団に向かったり。

双子の妹たちの世話がしたくて触ったり抱きつこうとしたり、遊んでるおもちゃや場所でハラハラすることはありますが、意図的にイジワルしたりすることはなく、はやくおっきくなって一緒に遊びたいと言ってくれています。
しかし、自分があまり興味がないタイミングでは、私が1人を抱っこしていても
この子だあれ〜〜⁈と言ったり、
どっちでしょ⁈と、クイズのように聞いても、
知らん‼︎と、長崎弁一言で済まされるときもあり笑ってしまいます。

いつか実家をでて、3人を1人で見ることになる時間を思うと、恐ろしくて想像つかないけど、今は大人3人がかりで、日々奮闘しています。
はやく外に出たいなぁ〜〜。


[PR]

by hue2010 | 2018-01-04 03:30 | 双子育児に挑む色イロ | Comments(0)  

にんにん、さんさん、ついに誕生!

2017年11月24日。
ついに、新しい家族に会え、5人家族になりました!
一卵性の双子でリスクもたくさんあり、色んな覚悟をしていた妊婦生活でしたが、
2人とも、お腹の中で頑張って成長してくれて、しっかりと産声をあげ、2人揃って2800g代で誕生してくれました。
元気に産まれて来てくれたことに、ただただ感謝です!
次女 にんにん改め、 鈴。
三女  さんさん改め、詩(うた)です。
d0191206_11492394.jpg
2度目で双子の手術という事、長い安静の後で体力も筋力も落ちていた事などもあり、私自身の術後の経過が思ってた以上に大変でした。
復活までは突風のような向かい風に感じましたが、そんな中も2人の授乳をスタートし、会う度に少しずつ復活。
まさかの赤ちゃんがお母さん待ちになりましたが、ようやく明日退院となり、50日間の入院生活が終わります。
d0191206_11473589.jpg
家族はもちろん、たくさんのお友だちが会いにきてくれて元気をもらいました。病院のみなさんにも、とってもお世話になりましました。これから先、娘たちには、たくさんの人の力を借りてお誕生日を迎えることができたことを、きちんと教えていきたいと思います。
応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。
ゴールのようで、これからがスタート。
病院監禁の次は自宅軟禁生活の始まり…。
母ちゃん業ガンバリマース!
入院生活で1番ガマンしていたこと、お腹も小さくなりつつあるし、帰ったらまずは長女を思いっきりギュウしたい!!
d0191206_17304889.gif
これからも、三姉妹共々宜しくお願い致します!

[PR]

by hue2010 | 2017-12-04 17:40 | 双子育児に挑む色イロ | Comments(0)  

双子用品を手作り

入院生活も長くなってきました。
そこで今度は新生児アイテムへ切り替え。
d0191206_16230936.jpg
双子姫のヘアーアクセサリー。
d0191206_16234490.jpg
同じ柄で母子手帳ケース。
d0191206_16240735.jpg
母子手帳ももちろん2つなので、左右にわけた収納スペースを作りました。
d0191206_16250263.jpg
アイロンがなくて苦戦しましたが、ちくちく手縫いで。
d0191206_16261194.jpg
帽子は一つは長女が赤ちゃんの時に被っていたものがあるので、もう一つ追加。
d0191206_16283430.jpg
まだ2人にはお腹にいてほしいのですが、お腹まわりがなんと105センチになり、何もかも自己新記録で、体がたいへんなことになっています!マタニティ服が苦しくなってきて、ズボンにハサミを入れたり、ゴムを切ったりしています。にんにんとさんさんは、毎日激しく動き回りお腹がボコボコになるし、おてんばシスターズの予感がしています^_^
ゴールはまだみえませんが、毎日朝がくると、また一日進んだぞ〜〜、と1日ずつを積み重ねています。明日も朝が来てカウントできますように!

[PR]

by hue2010 | 2017-11-08 16:21 | 双子育児に挑む色イロ | Comments(0)  

小さな手作りと入院生活

今年はハロウィンを楽しむことはないかなぁと思いつつ、100均のフェルトを1枚だけ用意して、気持ちだけやってみました。
d0191206_05191618.jpg
娘と仲良しのめいちゃんの衣装。
d0191206_05241586.jpg
1度だけ着てくれたから、写真を撮ろうとするも逃走。
d0191206_05241744.jpg
入院してはじめて会いに来てくれた時は、帰り際になって、「お母さんも〜、お母さんも帰る〜〜。お母さんも行く〜。」と、珍しいくらいおっきな声で家に着くまで泣いていた娘。胸が締め付けられる思いで、何かできないかと内職開始。ハロウィンのヘアゴムをつくってみる。
d0191206_05241948.jpg
それで、2回目に来てくれたときは、「帰らない。まだ一緒に遊ぶ〜。」とまた泣いたのでまた心配していたら、こんどは病院のエレベーターに乗ると泣き止んだとのこと。
母は次ぎなる内職、おままごと用のクロワッサンを作成。
d0191206_05242224.jpg
激しく泣いたのはこの2回で、一度涙ぐんだ日もありましたが、対策に「にっこり笑ってまたこんど〜♪」(自作の歌とポーズ)をやってみせたら娘も真似して、ハグして帰るようになりました。
母の内職はつづき、おままごとのポンデリングとリラックマのヘアピン。
見切り発車で作ったリラックマ。耳や目の大きさを失敗し、偽物感満載になってしまう。
d0191206_05242493.jpg
そもそも、パンが焦げ気味だったりするのは、フェルトが以前作ったお弁当シリーズの残りしかなく、ハンバーグやエビフライの色を使ったから。材料も道具も限られていてなにかと苦しい。

最近は全く泣かなくなり、ニコニコして「また来るから待っててね〜。」と笑って帰るようになりました。ある日は、幼稚園にお迎えに行った祖母がお母さんのところいくよ、と言ったら、幼稚園で遊んでいたのが楽しくて、病院行かない。とも言ったらしく…。嬉しいような寂しいような、複雑な母の気持ち…。
d0191206_06324405.jpg
お絵かきや塗り絵を書いたり貼ったり出来るように、交換日記のような気持ちでノートも作ってみましたが、母を求めてシュンとすることもなく、ジィジバァバと毎日楽しく遊んでいるようで、子どもの順応性にはビックリです。
d0191206_06362702.jpg
私も入院生活は、いつ変化があるかビクビクしたり、キツイ時もありますが、お友だちが来てくれて外の空気を運んできてくれたり、一緒に笑ってくれたりでかなり助けられています。こちらは、お友だちが持ってきてくれた安産祈願⁈
入院前にお腹がお相撲さんみたいだ〜、と笑っていたら、彼を連れてきてくれました。双子なだけに、私の四股名は双子山(^。^)なんだか癒され元気がでます。中に安産お守りを入れました。
d0191206_06425104.jpg
病院で娘が書いてくれた絵もなんだか好きで貼ってみました。やはり、私のお腹の中には双子を書いてくれます。どうも1人多く書きすぎたみたいで、私の横の顔を、これだあれ⁈と聞くとちょっと間があって、しまじろう!と、言いながら急にヒゲを付け足しました^_^
小さなことだけど、この2つを飾ったら、殺風景な場所でも一気に自分の空間になったし、これを見て看護師さんや掃除や配膳をしてくださる方とも会話が増えたように感じます。
小さな物にもおっきなパワー。双子山、1日でも長くまだお腹にいて欲しいので、入院生活頑張ります!


[PR]

by hue2010 | 2017-10-29 05:16 | 双子育児に挑む色イロ | Comments(0)  

新しい生活と未知の世界への挑戦

9月になりました。まだまだ日中は暑いですが、朝晩涼しくなってきて、ようやく生活に慣れてきました。
というのも、ちょうど3年間のアメリカ生活を急遽終え、旦那さんを残してお盆前に娘と長崎入りして暮らし始めています。
注:ケンカは多いですが破局ではありません(^-^)
帰国したのは、娘がお姉さんになることがわかり、またアメリカで出産するつもりで準備していましたが、3ヶ月目になんと双子だと判明!
ドッキリかと思いましたが本当だったので、さてどうしようと家族会議。全く知識がなかったのですが、双子でもタイプが色々あり、私の一卵性の双子のタイプも、通常妊娠よりもリスクが高いので、産前の入院が長くなる可能性があり、アメリカでそうなると娘のお世話ができなくなることから、実家がある長崎で出産することに決定。6.7月とアメリカに戻り、出産準備、検診、お世話になった皆さんやお友だちとのお別れ、荷物整理など、目まぐるしい2ヶ月を過ごして日本へ。突然の決断でしたが、なんとか必要最低限のことを済ませて、あとは旦那さんに任せて帰国。今のところ、私とお腹の双子も元気に猛暑を乗り切ったところで、娘もお父さんやお友だちとはお別れでしたが、ジィジ、バァバと日本の夏を楽しんでくれている様子です。
d0191206_01204420.png
長崎市では、双子は検診の段階から総合病院でしかみれず、私のタイプだと何もなくても2ヶ月前から入院、双子の大きさに差がでる、早産の可能性がある、等となるともっと早くから入院になるらしい。
そうなると、父はアメリカ、母は病院で娘も寂しいだろうし、産後の赤ちゃんたちのお世話を考えても、帰国後真っ先に娘の保育園探しをはじめました。わたしの実家は市内の中心部で、しかも今年は2歳児の保育希望が多いらしく、8件くらい空きを聞いても入れず。かなり焦りましたが、うちからは少し離れた認定こども園である幼稚園に通えるようになりました。
お友だちとお別れした後、この1ヶ月は同じ年頃のこども同士で遊ぶことがなかったので、楽しい毎日になることを願っています。
さて、娘のことが落ちついたら、今月からは、入院準備と双子育児という未知の世界への準備をしなくてはいけません。おまけに出産のために帰ってきたので、実家に間借りでの子育て。ベビー服など小さなものは持ち帰れましたが、チャイルドシート、ベビーカー、スウィング、ベビーベッドなど、アメリカで使用していたサイズは日本には向かないし、どちらにしても双子には使えません。取り急ぎ帰国したので、必要最低限しか持ち帰れず、春からどこで生活するかもまだ未定なので、レンタルしたりして過ごすつもりです。双子育児に詳しい方、色々調べてはみていますが、レンタル等での乗り切り方など、詳しい方はぜひアドバイスください。もちろん双子育児についても。リスク、心配、不安、迷い、色々ありますが、2人は日々着実に成長しており、眼でみても動いているのがわかるようになってきていて、母ちゃんも前向きに進みたいと思います。応援よろしくお願いします!

[PR]

by hue2010 | 2017-09-03 15:51 | 双子育児に挑む色イロ | Comments(2)