いろいろめでたいひなまつり

3月になった!と、喜んでいたら、あっという間に半分くらい過ぎていてびっくり!
3月3日は、大好きなひなまつり。
双子ちゃんは初節句、長女は日本で経験するはじめてのひなまつり。それに加えて、双子ちゃんたちが生後丁度100日でお食い初め。ついでに私たちが入籍して7年目に入る日で、何かとおめでたい日になりました。
d0191206_14391622.jpg
娘が作ったおひなさまと一緒に、七段飾りはおてんば娘がいて危ないし、時間もないので私のお内裏さまとおひなさまだけを父がだしてくれました。屏風や扇子などの小物の箱が別だったそうで、お飾りがないままで少々寂しいけど久々に会うおひなさまは、なんだか気分を晴れやかにしてくれました。
d0191206_10490685.jpg
お食い初めの鯛、煮物、酢の物、赤飯、に加えて、ちらし寿司、茶碗蒸し、お刺身、など、おひなさまのお祝いのごはんもあり、昼夜かけて嬉しい食卓になりました。
夜に寝かせるのは、時間と手間がまだかかる赤ちゃんたちですが、夜中一度起きるだけになり、時には朝まで眠ることも。そして、朝起きたら機嫌よく笑うようになりました。
この日を境くらいに、赤ちゃんたちは、昼寝もまとまった時間起きたり、寝たりができるようになりつつあり、いちばん大変な新生児の時期をどうやら脱したようです。
何よりも表情がでてきてよく笑うのがいちばんのご褒美!かわいいです。
双子の妊娠、出産、新生児育児はとても1人でできることではありません。
主人がいないこの時期に、両親の手助けがあってこそです。
特に母は、長女の時と同様に、産前産後の体と気持ちの大変さに寄り添い気遣ってくれたり、家事に育児に私のケアにで自分が一番疲れてるであろう時にも、子どもたちにたくさん愛情を注いでもらい感謝で一杯です。
そのほかにも、お友だちやいろんな方々からの応援やかわいいお祝いにもチカラをもらい、100日を元気に迎えることができて、なんだかしみじみ、じんとしたひな祭りでした。
たくさんの人の協力と愛情を受け取って、三人娘、すくすく育て〜〜‼︎

[PR]

by hue2010 | 2018-03-13 23:15 | 双子育児に挑む色イロ | Comments(0)  

<< 子育て支援について考えてみる 長崎ではランタンの季節 >>