2月のイロイロ

2月になってすぐに、書きかけて保存していたブログ。
鬼はそと〜!福はうち〜〜!と、節分の話題。
すっかり時間が流れていました。
娘が幼稚園で作ってきた鬼さんと、お友だちがくれた鬼さんのお菓子たち。
やっぱり、日本の季節行事っていいな。
d0191206_12292058.jpg
節分に長崎にいるのは久しぶりで、
近所の神社にお参りに行き、たくさんお豆やお菓子を拾って、福をわけてもらいました。
d0191206_12294762.jpg
小鬼も真剣!自ら自作の鬼さんを被って来ました。
幼稚園の豆まきでは、鬼が怖くて泣いてなげれず、キョロキョロしながらお菓子は拾いに行ったらしい。でも、鬼から男の先生のお声がしたそうな…^_^泣いたわりには、しっかり観察してたみたい。
d0191206_12294992.jpg
2月は節分からはじまり、97歳だった祖父が他界しました。大往生で、寝てるかのようだっだからまだ実感は湧きませんが、冗談を言ったりできる優しいおじいちゃんでした。
自分が親になり、子どもたちが孫として、両方の両親に可愛がってもらっている今、祖父母のありがたみを感じます。
ひいじぃじ、ひいばぁばのお話し、娘からたちがわかるようになったら、ちゃんと話して聞かせていきたいと思います。

2月は日数が少ない分、すぐに終わってしまいそう。今月は娘の幼稚園でコンサートがあり、参観があり、遠足があり…。双子ちゃんたちももうすぐ3カ月になり、よく笑うようになりました。なんだか少しずつ、春の足音が聞こえてきたような気がします。

[PR]

by hue2010 | 2018-02-06 12:27 | 日本での子育て色イロ | Comments(0)  

<< 長崎ではランタンの季節 1月は誕生祭! >>