<   2016年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

おやすみ時の新定番

一歳になるころまでの夜泣きの日々を思うと、
うそのようによく眠るようになってくれた娘。寝かせてから朝までほぼ起きません。
一年前の夏、必死にねんねトレーニングをした日々が遠い日のようです。
最近では、ねんねの時に読む本がなくても、ひつじのぬいぐるみのめいちゃんがいなくても、
自分でベッドに登ってごろんとしたりもしますが、
絵本を読むのも相変わらず好きな様子。最近の新定番はこちら。
d0191206_14462518.jpg


「Good Night California」と「おやすみやさい」
「Good Night California」は去年お友だちにこんな本があるときいて買った本。
カリフォルニアのいろんな名所や動物などが登場します。去年出掛けたサンフランシスコ、春に出掛けたヨセミテなども登場します。おはようからはじまり
最後はおやすみなさいで絵本が終わります。
お休み前に読んだことはないのですが、なぜが最近よく娘が持ってきます。
d0191206_14462666.jpg

「おやすみやさい」は、先月日本で買ってきた新しい本。
こちらがかなりお気に入りの様子。
いろんなお野菜たちが眠りにつくのですが、眠っていく野菜たちと一緒に
私も読みながら寝たふりをすると、娘がおいおい寝てしまって
どうすんの、という感じでにやけながら横で私をトントンとたたく・・・
というボケ突っ込みのようなやりとりをしながら読みます。
このベタな私のボケが今はお気に入りのようで、眠る直前にいいようです。
個人的には、このとうもろこしのつぶつぶちゃんたちがトイレにいくページが好き。
この絵本には、「ごめんやさい」とか色んなシリーズがありました。
こんなにおやすみやさいが娘にヒットするならば、他のも買って来てたらよかったなぁ。
今日もおやすみやさいを読んで、只今すやすや眠っています。
あとは、私の右手の肘から二の腕あたりをもみもみしたり、脇をキメるようにねじってみたり。プヨプヨお肉が気持ちいいねかな⁈この日の為に備蓄しておきました(^∇^)備えあれば憂いなし⁈
今、夜中の授乳や夜泣きで頑張っているお父さんお母さん。
朝まで眠れる日は必ず来ます!がんばり過ぎずにがんばって!
[PR]

by hue2010 | 2016-07-29 14:35 | アメリカの子育て色イロ | Comments(0)  

ヨセミテ国立公園へ

もうかなり前、3月末のことになりますが、車で8時間程かけて
ヨセミテ国立公園まで旅行してきました。
d0191206_16172039.jpg

今くらいの夏のシーズンは大変混雑するらしく、かといって真冬はみれないので
春先に行ってみました。
d0191206_16172110.jpg

車での長距離移動、子どもとの旅行だったので、かなりのんびりとした工程で移動し、
大自然に出会ってきました。
d0191206_08415205.jpg

最初の夜の雨が寒さで雪になり、路面にも積雪してどうなることやらでしたが、
その分、雨上がりの空が済んでいること!きれいな青でした。
子どもと一緒ではトレイルは難しいかと思いましたが、
片道30分くらいで、比較的舗装された道をいくトレイルならいけるかな、と行ってみる。
d0191206_16172121.jpg

行ったのは、ミラーレイクという場所。写真のとおり、お天気のいい日は
湖に鏡のように絶景が映し出されます。
それはそれはキレイな景色でした。
d0191206_16172240.jpg

野生動物がでるからと注意書きがあったり、特にクマがでるから、
車内に食べ物を置いてはダメ、外のごみ箱もかなり厳重な作りになっていました。
ちょっと不安に思っていたら、あ!クマに遭遇?!
d0191206_16172263.jpg

コグマ?!シロクマ?!いや、娘でした・・・^^;
うちのコグマさんも、普段着たことがないアウターや重ね着によたよたしながらも、
自分でも歩きだがり、殆どはだっこひもで抱かれて一緒にトレイル。
4ケ月前ですが、今みるとびっくりする成長している!
トンネルビューなど、色んな絶景をみましたが、このミレーレイクへのトレイルと湖を前にした
のびやかな気持ち、一番のお気に入りのポイントになりました。
絶景ポイントはまだまだたくさんあるのでしょうが、これをみれて満足しました。
d0191206_16172301.jpg

日程を長めにくんでいたので、最後の日は国立公園入口の途中にあった
ヨセミテシュガーパインレール鉄道、蒸気機関車に乗ってみました。
d0191206_16172317.jpg

小さいですが、ギフトショップもあり、スタッフの制服や蒸気の音が
アメリカ!という感じでのどかでした。
d0191206_16172382.jpg

機関車は、シュガーパインレールの名の通り、森のなかを走るので、殆どが木の中で
景色の楽しみはありませんでしたが、貴重な経験でした。
d0191206_08415366.jpg

娘が被っている帽子は、このギフトショップに売ってあった制服の帽子の子ども物で
安かったし、被せてみて夫婦で楽しくなり購入しましたが、
今も家の中で自分で被ってみては、ラッパーのような、初期の宇多田ヒカルのダンスの
ような動きで踊っている娘。旅行の想い出がずっと続いているようで、
かなり活躍している帽子です。
d0191206_08415332.jpg

娘が歩き出してからの初の家族旅行。
子どもと一緒だと自由がきかないことも多々ありますが、
こんなふうに目的地以外にも、小さな楽しみがたくさん増えたように思います。
絶景と帽子、少しまえのことなのにもう懐かしく感じる春の旅でした。
[PR]

by hue2010 | 2016-07-23 11:49 | アメリカのおでかけイロイロ♪ | Comments(0)  

JALのファミリーサービスに感謝!

アメリカに戻るとき、今回は初めて1歳5ケ月の娘との二人旅。
前回は、長崎から羽田。その後の羽田から成田への移動のバス車内がとっても大変だったので、
今回は、福岡空港まで家族に送ってもらい、コードシェア便のジェットスターで成田まで。
成田では空港内のターミナル移動で国際線まで行く方法にしてみました。
長崎を出発したのは朝9時前。福岡までの車での移動のあと、午後に一度飛行機に乗っているから、1歳児にはすでにハード。
飛行機を降りてから、17時頃発の国際線のターミナルまでの移動が
徒歩だと建物の外に出たりもあり10分ちょっとくらいかかるようだし、
機内で必要になりそうなものを入れたマザーバック、リック、
抱っこひもで娘を抱くスタイルだったし、乗り継ぎ時間も余裕がなかったので心配していました。
すると、飛行機を降りて、分かれ道になるところに、
私の名前を掲げて立つJALのスタッフの姿が!女神にみえました!
アメリカに駐在で住みはじめるときに、JALのファミリーサポートに加入したのですが、
色々な特典がある中で、子どもを一人で連れて搭乗する時に、チェックインから
到着地の空港をでるところまでサポートしてくれるサービスがあります。
こちらを申し込んでいましたが、コードシェア便は適用されないとのことで、
国際線のカウンターからサービスが受けれるのだと思っていたら、わざわざ別のターミナルまで
迎えに来てくれていたのです!感激!!
荷物も気遣ってくださり、あとはチェックイン・出国手続き・搭乗直前まで一緒にいてくれました。
パスポートなど貴重品を出しだり仕舞ったりの作業もあるので、とってもとっても
助けられました。
帰り道は、写真を撮る余裕など全くなかったので、写真はこちらに戻ってから、
トレジョ(スーパー)で買い物の手伝い?!買い物ごっこ?!をする娘。買うつもりがないコーヒー豆が3つも入っています。
d0191206_15375998.jpg


出国してから飛行機に乗るまで30分くらいしか余裕がなく、オムツを替えて
ちょっと食べさせたら搭乗だったので、ハードでしたが、
本当にこのサポートに助けられて、スタッフの方に心からありがとうを言いました。
その後、飛行機に乗ってからは、だまって抱っこしておかなくてはならない離着陸時に、
活きのいい魚のような動きで降りようとする娘を抱きしめ続けるのに一苦労。
マグロを釣り上げる松方弘樹の気持ちがちょっとわかりました^^;
お通じがいい娘、狭い飛行機のトイレでのオムツ交換も暴れずにいてくれてうまくいき、
あとは、飛行機の明かりが消えるのに合わせて、抱っこひもでトイレ前で30分くらい、
最近開発した家族呪文(眠たくなるようなゆっくりとした口調で、両方の家族の名前と関係や会った時のことをずーっと耳元でお話しする方法)を唱えながら
揺れ続けたら4時間くらいは寝てくれて、寝た後にごはんも食べれて映画も見ました。
ちょこちょこしか寝れなかったけど、泣き叫んだりが少しだけで本当に助かりました。
飛行機を降りてからは、降りたところからまたサポートの方がついてくれて、
入国手続き、荷物のピックアップも一緒だったので安心でした。
60歳以上の人が一人で移動するときもこのサービスが受けれて、
去年、父が一人で移動するときもお願いしましたが、その時も親切な対応だったそうです。
お仕事とはいえ、子どもと一緒だと誰かがしてくれることに感謝することもたくさんです。
また、まだぐずっていた娘をトイレ前で抱いていたら、トイレに来た女性の方が
「寝てくれるといいですね。」と言ってにっこりとしてくれたり、
娘をみて手を振ってくれる人がいたり、知らない人から受ける親切がとても染みます。
自分がいつかまた働くことになった時、誰かがちょっと困っているとき、
気持ちを込めて、さっと行動できるようであれたらいいなと思いました。
ありがとう、JALの皆さん、ありがとう、いろんなみなさん!
みなさんのお陰で、日本とアメリカ、行き来できました~!
[PR]

by hue2010 | 2016-07-16 15:36 | アメリカの子育て色イロ | Comments(2)  

メジャーリーグデビュー

日本での日々を満喫してアメリカに帰ってきています。
日本でお世話になった皆さま、楽しい時間をどうもありがとうございました。
心配していた娘と2人での帰り道も無事に乗り切り、3日くらい時差ボケでしたが日常に戻っています。気が付くと、ながーいことブログを更新していなかったです。
さて、もう4月のことになりますが、メジャーリーグデビューしてきました!
d0191206_16270333.jpg

家から30分内で行くことができるアナハイムエンジェルスのスタジアムへ。
d0191206_16270400.jpg

球場の入口からワクワク。
d0191206_16270404.jpg

スタジアム独特の空気。気持ちがいい!
d0191206_16270542.jpg

アナハイムエンジェルスは日本人選手がいないのですが、対戦相手の
マリナーズの青木さんが1番バッターでした。これが職場なんてすごいな。
d0191206_16270551.jpg

アナハイムはディズニーランドもあるので、ミッキーの野球バージョン?!に近づく娘。
まわりの観客の方もフレンドリーで、子ども連れでしたが親切でした。
アメリカでは球場で殻付きピーナッツを食べるのが定番のようで、
あちこちに剥いたあとの殻が散乱していて、その光景が珍しかったです。
d0191206_16270636.jpg

かわってこちらはロサンゼルスドジャーススタジアム。
d0191206_16270696.jpg

先週、日本から友人ご一行が来てくれていたので、一緒に行ってきました。
d0191206_16270715.jpg

ロス中心部の宿泊先から近かったので、行ってみようという話しになりましたが、
お迎えに行った日は、ナイトゲーム。ナイトゲームの後だと帰り道の混雑が心配だったので、
どうしようかと話していたら、いくつか球場内をまわるツアーがあり、
お昼にあっていたプレゲームツアーというツアーに参加してみました。
d0191206_16270831.jpg

観戦では入れないような、トロフィーや選手が受賞した数々の賞が展示してある場所や
記者会見の会場、とっても高いレクサスシートの席やそのチケットがないと入れないバーなど、
いろんなところを、約一時間かけてガイドさんと巡ります。
d0191206_16270886.jpg

選手たちは、ロッカールームから、このチームの栄光が展示されているゾーンを通って、
ベンチまでむかうらしいです。
d0191206_16311752.jpg

歴史の中に野茂さん発見!一時代に名前を残してるなんてすごいなぁ!
d0191206_16311811.jpg

バッターボックスの真裏の席にも入れて、
試合前なので、選手がバッティング練習をしていたりする様子もみれました。
今年から入団している前ケンさんもいて、囲み取材をうけたりしていました。
正直、最近は全く野球をみていないのに、球場はなんてワクワクする場所!
d0191206_16311815.jpg

娘もまた違った楽しみ方をしてくれていたようです。
今回のゲームのチケットも、ツアーのチケットも、それぞれの球団ホームページから
直接購入。チケットフィーもかかりますが、決済後にチケットをプリントして行き、
気楽に出かけることができました。
今シーズン、もう一度くらいスタジアムにいきたいな~。
でもちょっと、福岡のソフトバンクホークスのヤフードームも恋しいな。
[PR]

by hue2010 | 2016-07-14 16:22 | アメリカのおでかけイロイロ♪ | Comments(0)