<   2014年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

帽子作品展@福岡 No.2 オトナのマリン

作品展用の帽子の紹介。
2点目は「オトナのマリン」
d0191206_1457538.jpg

マリンハットといえば、子どもや水兵さんの制服のようなイメージですが、あえて、オトナの女性を意識して作ってみました。
d0191206_1457658.jpg

被る角度をかえたり、ブリム(つば)の角度をかえて、花模様の部分の出し方をかえてみたり。
その日の気分や、髪型やアクセサリーにあわせて、アレンジしやすくしてみました。
布地も、真冬のコートの時期以外なら合わせやすい色と厚みで、持ち運びもコンパクト。
d0191206_1457670.jpg

外はモノトーンでも、中はオトナの女性の華やかなイメージにしてみました。
こちらは、販売用です。
ぜひ、被って試してみてくださいね。

Enagy Hat School Ehibition vol.1
2015年1月23日(金)~25日(日)
@アトリエ穂音 福岡市博多区上川端町(中洲川端商店街近く、冷泉荘内)
こんなステキな場所です。
d0191206_1537161.jpg

[PR]

by hue2010 | 2014-11-30 14:11 | 2015帽子作品展の色イロ | Comments(0)  

栗へのおもい、CAのハンバーガー

私は栗がすき。秋になると、
和菓子でも洋菓子でも、栗を使ったものがでるから、デパ地下なんか歩くと、誘惑がいっぱいでそれも楽しい。
でもアメリカでは見かけなくて、さびしがっていたところ…
d0191206_2114258.jpg

私のところにも、秋がきました!
栗でいっぱい!
私も勝手に仲良しだと思っている相方さんの同僚が出張でくるときいたので、
彼にならお願いできると思い、空港で時間あったら、なんでもいいから栗のお菓子を買ってきてほしいとお願いしたところ、デパ地下で選んでくれたそうで、
和も洋ものセレクトに感激!
どーん、と量を食べたいのではなく、美味しいものをちょっとずつ食べたかったのです。ひとつ頂いて、まだ眺めています^^;小出しにして、至福の時に食べるつもり。
d0191206_2114393.jpg

そんな脱栗症状が解決されたとたん、日系スーパーのイベントスペースに甘栗発見!小さな袋は5ドルだったので買ってみました。京都の甘栗屋さんが常設された店舗もあるみたいですが、別の地域で遠いから諦めていました。
もうすぐ11月も終わりですが、やっときました、私の秋。

食べ物つながりでもうひとつ。
今はぽーちゃんがいるので、和食中心で、夕食はほぼお家で食べていますが、
土日に朝から出かけて、午後も用事がある時は、例外でファーストフード。
d0191206_211443.jpg

そんな時は決まってインアウト。
カリフォルニア発祥で、他5州くらいにしか店舗展開がないハンバーガーのお店。アメリカは道を進めばあちこちにハンバーガー屋さんがありますが、あまり好物ではないし、他のはまだ食べたことがないけどここのはすき。
d0191206_2114516.jpg

注文を受けてからつくられ、バンズなど、素材にもこだわっといるらしく、メニューはシンプル。
ハンバーガーとフレンチフライ、飲み物しかありません。
そして、数々の裏メニューが存在するらしい。
d0191206_2114659.jpg

私はいつもチーズバーガーだけで、フレンチフライをつまみ食いさせてもらいますが、オーダーすると、タマネギはいるかときかれます。通常はナマの輪切りが入ってるそうですが、フライドオニオンといえば、みじん切りの火が通ったものになる裏メニューがあるときき、そうしています。
他にもチーズやパティが倍になったり、プロテインと注文すると、バンズの代わりにレタスで挟まれてきたり
、いろいろあるみたい。
お昼どきはいつも混雑していて、子どもからお年寄りまでみかけます。
こちらのバーガーは大きすぎなくて、美味しいです。カリフォルニアに来たら、
アメリカ気分で食べてみてくださいね。

しかしながら、やはりハンバーガーは、時々食べるから美味しい気がして、私は毎日は無理。やっぱり季節感のある、日本食がすき。しばらく帰国できないから、はじめに持ってきたものがなくなりそうで、もっと持ってきたら良かった!と思う材料なんかもありますが、日系スーパーもあるから、値段が高かったりだけど、日本食をつくるための大抵のものが揃う環境に感謝です。
[PR]

by hue2010 | 2014-11-26 20:00 | アメリカの日常色イロ♪ | Comments(0)  

アメリカでタイ料理教室

こちらでは、面白そうなお教室など、いろいろとあるようですが、
来たばかりだし、妊婦でこれから子育てだからと、このような経験は諦めていました。
が・・・
d0191206_317337.jpg

なんと、我が家まで出張して、タイ料理教室を開催していただきました。
先生は、福岡・東京と通っていた韓国料理教室がご縁です。
東京でいろんな都会の美味しいを教えてくれた方々と、楽しい時間を過ごした中で、
一度だけお食事をご一緒しただけでしたが、みなさんが繋げてくださり、
出発前の用意などでもいろんなアドバイスを頂いたりしていました。
アメリカでは奇跡的なくらいお家は近所なのですが、
地図でみると結構な距離。フリーウェイ(高速のような道)で1時間かかります。
その距離を超えて、出張してきてくださいました!
d0191206_317151.jpg

メニューは、私ともう一人の妊婦さんで、
提案してもらった数あるメニューの中から、リクエストさせてもらい、
以下の4品になりました。
・えのき茸のサラダ
・なすと豚挽き肉のレッドカレー炒め
・牛肉とアボカドとマスカットのサラダ
・カボチャのココナッツ汁粉
ね、文字でみただけでもよだれがでそうでしょう?!
d0191206_317262.jpg

こちらをそれぞれ、ワンプレートにとりわけていただきます。
ココナッツが好きな方には、カレーにはココナッツクリームを添えて。
ごはんはもちろん、タイ米でいただきます。
カレーやドレッシングの、タイ料理らしい辛さや酸味の後に
ローストビーフに添えてあるアボカドやブドウの甘みでマイルドに戻し・・・
の心地よいインターバルが、プレートの中がなくなるまで続きます。
d0191206_317212.jpg

デザートのカボチャの汁粉は、ココナッツが苦手な方にはミルクで。
どちらもやさしい甘さで、辛い物のあとにピッタリでした。
どれもお家でやってみようと思います。

折角のこのチャンスを独り占めは勿体ないので、お友だちも一緒に5名でしたが、
人数分の材料や食器、タイ料理ははじめての私にとっては、初めてみるいろんな調味料など、
必要なものをはるばる持って来ていただきました。かなりの重量でした。
とっても準備が大変で、手間がかかることだったかと思いますが、お陰で
みんなで楽しい食卓を囲むことができました。
ほんとに感謝です。こんな感じで、日々色んな方々に感謝で楽しく過ごしています。
みんなみんな、いつか倍返しだっ!(←古い?!時差の影響?!)
[PR]

by hue2010 | 2014-11-24 02:46 | アメリカの日常色イロ♪ | Comments(0)  

ホリデーシーズン、はじまりました

先週のことですが、ちかくのオシャレモール、ファッションアイランドで
クリスマスツリーの点灯式がありました。
こちらには、毎年アナハイムのディスニーランドからミッキーたちが
やってくることで有名とのこと。
d0191206_14485254.jpg

みてみたいけど、夜の運転と込み合う駐車場、人混みは避けようと諦めていたところ、
お友だちが迎えにきてくれて、しかも場所取りまでしてくれて、
悠々とみることができました。感謝です♪
ちなみに、こちらは11時からできた場所取り時の様子だそう。
d0191206_14485349.jpg

勝手なイメージですが、場所取りって日本人的に思っていたので、
アメリカ人もやるんだ~、と新鮮。
18時の開始なので、30分くらい前に行きましたが、
寒さもGジャンを一枚羽織ればいいくらいで、快適に楽しむことができました。
d0191206_14485328.jpg

時間になると、テンション高めの進行の方がやってきて、
ついにミッキーご一行と登場!クリスマスカラーの衣装、かわいかったです。

ステージでの生歌にあわせて、大声で歌い、力いっぱい踊る、
ノリノリのアメリカの子どもたち。
小さい頃から楽しむのが上手なんだなぁと、周りをみるのも楽しかったです。
d0191206_14485556.jpg

20分くらいのショーですが、盛り上がってきたところで、
突如白いものが四方から噴射され、雪のよう!
d0191206_14485454.jpg

降りてきたら、バブルだとわかりました。かなりの量が噴射されつづけます^^;
そうして気を取られていたら、クリスマスツリー、点灯されていました。
カウントダウンするのかと思っていたら、
盛り上がりの最高潮と、バブル噴射時にどうらやら点灯されていたみたい。
これもまた新鮮。
d0191206_14485554.jpg

町のあちこちで、クリスマスのデコレーションや商品をみかけます。
私もつい・・・買ってしまいました。
アメリカではじめてのホリデーシーズン、日常の中で楽しみたいとおもいます。
[PR]

by hue2010 | 2014-11-22 14:29 | アメリカの日常色イロ♪ | Comments(0)  

いただきましたっ、アメリカのドライビングライセンス!!

アメリカに来て2か月半、妊娠30週目に、アメリカの運転免許を取得しました!
今月の私の目標は大きく3つ。
1.大物ベビー用品の購入の目星をつける。
2.帽子作成をできるだけすすめる。
3.ドライビングライセンスの取得!
理由は、どれも出産予定日まであと2か月と迫ってきたから!
はじめは車もなかったし、産んでから取得にいこうかと話していましたが、
こちらで、子育て中の方の話しをきいて、アドバイスをもらったりするうちに、
産んでからのほうが大変で、赤ちゃんと離れられない、それどころではないという結論に。
9月は、病院に通うこと、生活の立ち上げを優先したので、10月の半ばからいろいろスタート。
ステップ1 書類をそろえてソーシャルセキュリティーナンバーの取得。
申請に行ったら、待つこと2時間半!!もうぐったり。それから約1週間後に取得。
ステップ2 仮免許の取得。
ネットで日時の予約もでき、予約時間に並ぶこともできますがこちらだと混んでいて、
年内予約がとれそうになく、自力で並ぶことを選択。
8:00AMに受付スタートなので、その前の早朝7:30くらいから並ぶ。
d0191206_1646361.jpg

私の代わりに相方さんが並んでくれて、ちょうどベンチもあり、
私は立ちっぱなしを免れましたが、試験をうける手続き、
書類をだす、視力検査、指紋をとる、お金を払う、写真をとる、などの
手続きを行うまでに、さらに並ぶ。
d0191206_16463721.jpg


それからやっとメインの交通ルールなどの筆記試験を受けれますが、選挙の投票所のような
仕切りのあるところで立って受け、採点待ちをして合格と言われたのは11時すぎ。
緊張もあるし、もうぐったり。

ステップ3 実際に路上にでて、実技試験を受ける。
仮免がもらえたら予約可能。これも込み合うので、落ちるとはやくて来月になってしまいそう。
そうなると、おなかがかなり大きくなり難しくなるかもなので、
なんとしても一発合格しなくては!とかなりのプレッシャー。
教官(相方さん)の厳しい指導のもと、休日に2度コースに行って実際の試験ルートを練習。
ビデオ撮影してきて、コースのポイントを復習。
自分の車の助手席に試験官が乗ってきて、はじめにランプやウインカーなどの確認をしたら、
10分くらいのルートの中で、車線変更や駐車、バック、などがあり、
スピードリミットが5回くらいかわるコースを走行。
試験管からの指示はもちろん全て英語。
戻ってきたら、試験官が「You Passed」と言っておりていきました。無事合格です!
あとは、免許証が届くのを待つだけ。

カリフォルニアでは、渡米後すぐに免許を取得しないといけないこと、
国際免許も有効期限が1年なので、4月には切れてしまうこと、
最近は運転していても胎動が強いのできになり、シートベルトもきついこと、などから
11月中がリミット!!と考えると失敗できない試験でした。
ほんと、終わってよかった。あの緊張感はもう結構。運転試験場付近ももう行きたくなーい。
並んでくれたり指導してくれた教官に感謝。
大きな肩の荷、ひとつ下ろせました。
ありがとう、教官。さようなら、運転試験場!
[PR]

by hue2010 | 2014-11-20 16:41 | アメリカの日常色イロ♪ | Comments(2)  

帽子作品展@福岡 No.1 いつもアタマにフルサトを!

2015年、新春に福岡で開催予定の帽子の作品展に参加します。
発送時期を考えると、つくる時間はあと1ケ月もありませんので、
日々時間をみつけてはコツコツ進めています。少しずつ完成していますので、
作品をひとつずつ記録していきたいと思います。

作品No.1「 いつもアタマにフルサトを!」
d0191206_15371276.jpg

私の産まれ育ったまち、長崎の眼鏡橋をアタマにのせてみたかったのです。
d0191206_15371263.jpg

このデザインを思いついたのは、実は福岡に住んでる頃だから4.5年も前。
でも、曲線が多くてどうやったらよいか、
かたちにするまでの時間もアイディアも不足して妄想のままでした。
d0191206_15371370.jpg

妊娠がわかり、予定より長く長崎に滞在し、ふるさとから遠い場所に来た
今のこのタイミングにこそ、出産後は子育てでしばらく帽子に向かう時間がないだろうから、
その前の作品展というまたとないチャンスにかたちにしたくて挑戦してみました。
絵を描いて型紙に行きつくまでも試行錯誤。
d0191206_1537145.jpg

橋の雰囲気や年季が入った感じの温かみは、ミシンでは出せないと思い、
表面は全て手縫いで仕上げました。
韓国のポジャギに使用するモシという素材と、
長崎っ子がみたらすぐにわかるかな?!長崎のおまつり、おくんちの手拭いを
川や空の部分に使っています。ちなみに、裏地もいろんな手拭いを繋げています。
いくつものパーツを作っていって、それぞれを繋げて行くまで、
本当にイメージ通りにできるのか手間がかかった分ドキドキでしたが…
d0191206_15371594.jpg

無事にアタマにのせることができました。
大好きなフルサトのことは、いつも私のアタマの中にあります。長崎の街や、そこに暮らす地元の家族や友だちの事、
遊びに来てくれたみなさんのことなどを想いながら作っていったので、
大変で時間もかかりましたが、出来上がっていくまで楽しかったです。
d0191206_15371531.jpg

観光地ですが、私にとってこの辺りは生活圏で、日常的に歩いて通る場所。
これをアタマにのせて、無駄に眼鏡橋を何往復もしたい気分。

作品展は、作品と販売品とありますが、
こちらは作品としての参加になります。

Enagy Hat School Ehibition vol.1
2015年1月23日(金)~25日(日)
@アトリエ穂音 福岡市博多区上川端町(中洲川端商店街近く、冷泉荘内)
こんなステキな場所です。
d0191206_1537161.jpg


作品展参加のことを記録した時のものはこちら。
アメリカでも、帽子、ハジメマス!

他の方々の作品を少しみせてもらいましたが、それだけでも楽しそうでワクワクしました。
私も実際にみてみた~い。行けないのが残念!
福岡や近辺の方は是非お出かけくださいね。
[PR]

by hue2010 | 2014-11-19 14:08 | 2015帽子作品展の色イロ | Comments(2)  

サンディエゴからラホヤへ

サンディエゴで世界旅行気分の翌日は、ダウンタウンから北西に戻りラ・ホヤへ。
d0191206_23314741.jpg

高級住宅街で、マリンスポーツも盛んな場所らしい。
d0191206_23314867.jpg

入り組んだ海岸線がつづき、アザラシもたくさん!辺りは海の匂いがします。
d0191206_23314918.jpg

みんな人に慣れているのか、のんびりしていて、声をあげて泣いていたりのどか。
私もアザラシの鳴き声をマネしてみたりしながら散策。けっこうリアルにマネできました。
d0191206_23314921.jpg

アザラシのすぐ側で、泳いでるひともたくさん。
d0191206_23315315.jpg

海の色もきれい。
d0191206_23315040.jpg

ばんごうっ、1.2.3.4.5.6.7!
みんな飾り物のように並んでいました。
d0191206_2331513.jpg

この辺り、ラ・ホヤ・コーブにあるお店でブランチ。
The Brockton Villa Restaurant
フレンチトーストが美味しいらしく、11時くらいには満席だったので、散策しながら30分くらい待ちました。
d0191206_23315194.jpg

せっかくだから、美味しいらしいフレンチトーストとエッグベネディクトを注文。
d0191206_23315337.jpg

フレンチトーストはフワッ、カリッで、エッグベネディクトもとろりと美味しい。
ただ、2人でシェアしても、食べきれない量でさすがアメリカンサイズ。
おなかいっぱいでラ・ホヤを後にしました。
こうして、2日間で、メキシカン、イタリアン、アメリカンと美味しいものにあたり続けましたが、うちに帰り、この日の夕食はサッパリしたものが食べたいと、
ポン酢と大根おろしで豚シャブになりました^_^
翌日は豚汁もつくってみたり、行き着く先は、やっぱり日常たべるような日本食。結局庶民派のジャパンな私たち。
サンディエゴ、まだまだみどころたくさんで、港町の雰囲気が長崎や横浜に通づるところもり、なんだか好きでした。
次は家族が増えてから、また来れたらいいなぁ。
[PR]

by hue2010 | 2014-11-16 22:36 | アメリカのおでかけイロイロ♪ | Comments(0)  

サンディエゴでワールドツアー

サンディエゴには動物園、水族館、美術館、ミッドウェイ博物館などみどころたくさん。
なのに、そのどこへも立ち寄らず、私たちはオールドタウンへ^^
d0191206_13554857.jpg

19世紀の建物が一部再現されていたり、一帯はメキシコの香りでいっぱい。
d0191206_13554927.jpg

レストランもメキシカンばかり。
d0191206_13555049.jpg

キャンディーのお店も、ね、メキシコっぽい。
d0191206_13555036.jpg

このエリアで食事をすることになったらと、一応調べておいたお店、カフェ・コヨーテ。
色合いが可愛らしくって、昼下がりなのにお客さんでいっぱいでした。
また来ることがあったら、立ち寄ってみたいな。
d0191206_13555156.jpg

太陽に向かっていくような色使いがあちこちに。
散策して暑かったので、ちょっとティータイムしてオールドタウンを後にしました。
d0191206_13555228.jpg

次の目的地へ向かう途中、まだ16:30くらいでしたが、真っ赤な夕日が。
d0191206_13555271.jpg

急いで海岸線へ。ミッドウェイを通過するあたりで、車中から。
毎日繰り返されてることだけれど、サンセットを見れた日は得した気持ちになります。
d0191206_13555342.jpg

それから向かったのはリトルイタリー。
以前は衰退ぎみで治安がわるかったそうですが、再開発されて整えられたそう。
新婚旅行がイタリアだったので、立ち寄りたかったのです。
d0191206_13555449.jpg

混雑をさけて、はやめの夕食。Buon Appetito へ。
予約していった方がよいと書いてありましたが、まだ17時前だったので聞いてみる。
テラス席はいっぱいでしたが、店内の席に入ることができました。
d0191206_13555454.jpg

座ったとたん、2人とも「このお店、なんだかローマで入ったお店に似てるね。」と
話しました。そう、私たちはローマで歴史に残る大ゲンカ、
スペイン広場の乱を勃発させたのですが、ふらりと入ったお店で、
ごはんを食べて仲直りしました。そんな想い出話をしながらひと笑い。
d0191206_13555539.jpg

注文すると、パンがでてきましたが、このトマトのソースがとってもおいしかった。
d0191206_13555615.jpg

アメリカンサイズで出てくるかもしれないとひとつはサラダに。
d0191206_13555633.jpg

アメリカで美味しいスパゲッティーに出会うのはむずかしいと聞いていたので、
リトルイタリーならと期待して、スパゲッティーを注文。
バジル、トマト、チーズがまさにイタリアンで美味!
見た目以上にボリュームがあったので、たくさん注文しなくてよかった~。
お店をでたのは18時でしたが、店内は満席でとっても賑わっていました。
d0191206_13555718.jpg

それから、もうひとつ気になるお店へ。Extraordinary Desserts。
サンディエゴ出身のパティシエのお店だそうですが、
リトルイタリーにも支店があるそうで行ってみました。
外観と店先の若者たちから、ここだ!とすぐにわかりました。
d0191206_13555875.jpg

ケーキに生花を飾るのが特徴のようで、ショーケースは華やか。
d0191206_13562337.jpg

ケーキたちが、私を選んで~!と言っているみたい。
d0191206_13562494.jpg

店内は、カフェもあり、スイーツ以外も、パニーニのようなサンドや
食事やスイーツを楽しんでいる人でほぼ満席でした。
博多の友だちときたなら、きっと一緒に「しゃれとんしゃ~。」と言ってしまう店内。
d0191206_13562551.jpg

パリをモチーフにした雑貨もたくさん置いてあり、まるでフランスに来たみたい。
私はひそかに、フランス風のお店なら、大好きなモンブランがあるかもしれない!と
期待していましたが、残念ながら見当たらず。アメリカでは栗は人気がないのでしょうか?!
どこかで、モンブランが食べれるお店があるのか?!疑問です・・・。
お腹いっぱいだったけど、せっかくなので食べてみたくて、
翌朝でも食べれそうなものをチョイス。
それから、チョコレートにも力を入れている様子だったので、贈り物用に買いました。
d0191206_13562563.jpg

私がチョイスしたのはこちら。リンゴがのっていてかわいい。
さて中身ですが、もう少ししっとりとしたケーキを期待していたので、
コーティングの中身はアメリカンなクッキーの感じに近くて、
美味しのですが、フランスを期待していたのでちょっと残念な気もしました。
他のスポンジタイプのケーキなら、きっとあれだけの若者が集まっているので美味しいはず。
いつかリベンジ!和栗のモンブランが食べたいな。

こうして半日でアメリカにいながら、メキシコ、イタリア、フランスを周遊しました。
なんだかお得感^^翌日はラホヤへ続きます。
[PR]

by hue2010 | 2014-11-12 13:43 | アメリカのおでかけイロイロ♪ | Comments(0)  

サンディエゴへゴー!

住んでいるところから南へ、サンディエゴへゴー^o^
d0191206_11504310.jpg

私のお腹も、もうすぐ九州場所にでれそうな⁉︎そんな気持ちになってきたので、最後の遠出。
はじめは、2人で出掛けられるのはもう最後だからと、月末のサンクスギビングにもっと遠出も考えましたが、毎週様子がかわり、体調がよめないから、連休を待たずにサンディエゴへゴー。
土曜日だったからか道路も混雑し、1時間半かからないはずか2時間かかりました。
でも、ラスベガス行きと違い、海沿いのフリーウェイなので、時より海もみえていい感じ。福岡・長崎間を行くような感覚かな、と。
d0191206_11502726.jpg

中心部からこの橋を渡ってコロナドへ。
d0191206_11502085.jpg

橋からは、一方にはダウンタウンのビル群、一方には島の家々や緑、ビーチがみえてキレイ。
d0191206_11502199.jpg

とっても歴史あるホテルがステキだと、地球の歩き方がいうので、近くに車をとめて潜入。
ホテル・デル・コロナド。
ホテルの中からはビーチにでれて、たくさんの人が思いおもいに海辺を満喫。
サンドアートとホテルがベストマッチ。
d0191206_11502369.jpg

おじさん、作品お見事で〜す。
d0191206_11502420.jpg

11月なのに暑い。お昼間は30度くらいはあったはず。移動の車の中は日差しがいたいくらいでした。
さて、ホテルの中は、
d0191206_11502487.jpg

とってもレトロで品があります。
d0191206_11502582.jpg

エレベーター、かわいいけど、乗るのはちょっとこわいな。
d0191206_11502621.jpg

ショップは、ホテルのオリジナルグッズや、クリスマスグッズもたくさん。
d0191206_11502859.jpg

オーナメントもホテルオリジナルみたい。
d0191206_1150294.jpg

西海岸沿いだからか、こちらでは貝を使ったクリスマスグッズをちょこちょこ見かけるので新鮮。こちらにも。
d0191206_11502946.jpg

1888年産まれのホテル、世界中の有名人が訪れたそうで歴史あるホテル。
サンディブランチは要予約の人気だそうですが、一人80ドルするそうで、それでも後悔しない内容だそうです。
私たちは庶民らしく、レストルームだけお借りしてホテルを後にしました^_^
d0191206_11503072.jpg

ホテルのビーチ沿いには、もう少し気軽に利用できるレストランやアイスクリームショップ、雑貨屋さんや衣類のお店などたくさんありました。
こちらでランチもいいな、と思いました。
私たちがこちらでランチにしなかったのは、もう済ませて来たから。
d0191206_11504498.jpg


私が出発前から呪文のように、フィッシュタコスを食べに行きたい!と、提案していたので、真っ先に向かいました。よくあるモールの一角ですが、12時前でかなりのお客さんがいました。
d0191206_11503136.jpg

お客さんも英語だったり、メキシコが近いからかスペイン語だったり。
地元で人気の予感がします。
d0191206_11503267.jpg

キッチンの様子や、
d0191206_11503324.jpg

テーブルのいかにもメキシカン⁈なおじさんのラベルがついたスパイスが、待ってる時間をワクワクさせてくれます。
d0191206_11504247.jpg

メニューは、難しくてよくわからなかったから、これが美味しいとBlogに書かれていた方を参考に、セビーチェのハウススペシャル。
エビ、ホタテ、タコなどいろんな魚介がパクチーと相性よく、程よい酸味で美味しい。
d0191206_11504278.jpg

お待ちかねのタコスは、お店の名前にも入ってるから、それぞれオイスタータコス、相方さんはシュリンプ、私は念願のフィッシュタコスに。
オイスターは妊婦だから迷いましたが、衣もついて揚げてあるから大丈夫かなとおもい注文。暖かくて、衣もサクサクでタコスとの相性ピッタリでした。フィッシュタコスも白身がフワフワで期待どおり。
はじめてのフィッシュタコスは大成功でした!しかもこれが一番安くて0.99ドル!オイスターが3ドルだから、お得感もいっぱいでした。
午後も、サンディエゴ散歩続きま〜す。
[PR]

by hue2010 | 2014-11-10 01:23 | アメリカのおでかけイロイロ♪ | Comments(0)  

11月になりました

11月に入り、こちらも朝夕の風がひんやりとしはじめました。
11月の第一日曜日でサマータイムが終わるので、
日曜日に7:30だと思っておきたら、まだ6:30。
朝は明るくなりましたが、夕方が17:00には日が落ちてきて手元が見えなくなるので、
照明がシーリングではないアメリカの家では、帽子をつくれる時間が短くなってしまった・・・。
11月なのだけど、我が家の一角に、10月といえば、の長崎くんちグッズ。
うちの小さい人たちのお隣があいていたので、並べてみました。
d0191206_136111.jpg

今朝、はじめて一人の時にアポイントなしでうちのチャイムがなりました。
なんだろう?!とドキドキしながらそっと穴から覗いたら、何やら配達の人のよう。
日本のように制服を着ていないからわかりませんでしたが、郵便屋さんが日本からの荷物。
地元の友だちからのお届け物が!
d0191206_1361081.jpg

中を開けると、長崎のかおりが満載。私が大好きで、
みんなも大好きで一緒に楽しんでいた長崎のお祭りおくんち。
毎年でる朱赤が粋なパンフレットや、長崎のお菓子が踊町(出し物をだす町)の
非売品のパッケージだったり、とってもおくんち好きにはたまらないもの満載。
寒くないようにと、アメリカイメージの帽子も編んでくれました。
お手紙や色んなものが暖かくて、うるっとなりました。
携帯電話やメールでどんなに便利になっても、
時間を超えてやってくるやってくる文字の温度を改めて感じた11月の朝。
しばらくお家の一角に、10月長崎の風を忍ばせようとおもいます。
d0191206_136129.jpg

でもやはり、スーパーへ行くと、11月のサンクスギビングに食べるためなのか、
ターキーが山のように・・・。
お気に入りの雑貨屋さんも、ハロウィン後のディスプレイガどうなっているのか
楽しみにしていたので覗いてみたら、半分はもうクリスマスが出来上がっているのだけれど、
店内はハロウィングッズは50%OFFで売られていていたり、ディスプレイの撤収中だったり、
クリスマスの準備でスタッフのみなさんがてんやわんやでした。
来週あたり寄ってみると、次の季節の商品がみられそうです。
d0191206_1361377.jpg

ハロウィンといえば、お菓子を準備すべきが迷っていたのですが、
相方さんがも準備したほうがいいと言うので、お菓子を買ってはみたものの、
大きなかぼちゃバケツに入れるほど子どもが来るとも思えず、
とりあえずチャイムがなった時のためにラッピングして準備してみました。
(左のものは頂いたものですが、大人ももらうとウキウキして嬉しかったです。)
しかし…結果だれも来ず。やはり、知らない人のお家には来ないのですね。
夕方コミュニティーの中を散歩してみたら、子どもたちや時にはお母さんも一緒に、
それからワンちゃんもコスチュームを着て歩いていました。
来年は、ぽーちゃんが参加できるかなぁと思いながら、私の初めてのハロウィン終了。
ハロウィンは、待つものではなく参加するものみたい、となんとなくわかった1年目。
d0191206_1361454.jpg

こちらは、日本を発つ前に福岡の友だちが持たせてくれたフェイスマスク。
さすがのセレクトに脱帽。
d0191206_1361453.jpg

歌舞伎です!使うならこのハロウィンシーズンにと心に決めていました。
2人で出来るよ、と言われていたし、相方さんに一緒にやろうと青をすすめましたが、
かたくなに断られたので、ソロになりました。
d0191206_1361515.jpg

眼をむいてみたり、しゃくれてみたり、色々やってみましたが、
歌舞伎メイクで表情だすのは難しいんだと実感。
私もこれに浴衣を着て、外を歩いてみるべきだったかな?!
日本の名誉のためにも、玄関からは出ていないのでご安心を!
そんなこんなで、忘れていません日本の心、長崎の心。
[PR]

by hue2010 | 2014-11-04 13:02 | アメリカの日常色イロ♪ | Comments(2)