カテゴリ:ステキビト色イロ( 7 )

 

オンニにつづけ!

新春会をやります〜との連絡をいただき、
韓国料理教室のみなさんとの会にでかけたら…
わたしのお祝いまでしてくださいました!
贈り物まで!!かわいい包みの中から…
d0191206_211187.jpg

ピッカピカのキッチングッズが!!
お鍋と野田琺瑯さんのホーロー容器。(いつか買いたいとおもっていたやつだ〜)
メッセージカードまでいただきました。
d0191206_2115925.jpg

みなさん御用達のキッチングッズのお店、
“キッチンパラダイス”さんでセレクトしてくださったとのこと。
料理教室のみなさんはオンニ(おねえさん)が多く、
いろんなことをパワフルにこなし、
時間を楽しむことが上手なお手本オンニがいっぱい。
こんなステキなグッズ頂いたからには、
わたしも料理がんばらんばね!うん、この道具を使い込まなくては!
さあ新米、オンニにつづけ!
[PR]

by hue2010 | 2012-03-18 21:20 | ステキビト色イロ | Comments(2)  

12歳になった服

大好きな”ミナペルフォネン”のデザイナー、
皆川明さんの講演会があったので行ってきました。
d0191206_13116.jpg

青い本が、最近15周年ということもあり出版されたもの。
右は、以前長崎の美術館に来られた時にサインを頂いたもの。

最近では、東京スカイツリーの制服を手がけられていてる。
制服お披露目のニュースをみたとき、
もしかしてこれはミナの服では?!とテレビに釘付けに…。
スカイツリーには正直あまり関心がなかったけど、
一気に行ってみたい場所に浮上!
担当することになった経緯なども聞けて楽しかった。
「清掃担当の方の制服がメインなんです。」
「清掃の方が楽しかったり、清掃の方をみて楽しくなる場所なら
 そこはきっとみんなが楽しい場所なはずでしょう?!』と皆川さん。

ミナペルフォネンの服は、テキスタイル(生地)からのデザインだし、
決して安くはないけれど、長く続いていく服。
本に、毎シーズンかわるテキスタイルの年度となまえが一覧で記されている。
それを見ていたら、私がはじめて手にしたミナの服が、
今年で12歳になることが判明。
あ〜、もうそうんなに一緒にいるんだね〜。と思ったらなんだかじんとした。
買ったころは、一度は手にしてみたくって思いきっていたけど、
そのころに、選択してくれた私にお礼を言いたいような気持ちになった。
d0191206_1431924.jpg

本の中には、着てみたいと憧れた服たちや、テキスタイルを張った椅子などの作品、
制作過程や図案などが溢れていた。

手間をかけること、つくることがもつあたたかさをおもった。
d0191206_151884.jpg

みんな中表紙にサインをもらっていたけど、
私はブルーのカバーの下の白い表紙にサインをお願いしたら、
この場所を指定する人は珍しいらしく、こんなかわいいことをして頂いた。
この日は、10歳になるミナの服を着て行ったわたしをみて、
にっこりして「あ〜。」と言ってくださった。
私の還暦も、この服たちの還暦も、傍らですごせたらなんてステキだろう。
皆川さんの服たちに会えてよかった。好きでよかった。
[PR]

by hue2010 | 2012-01-18 02:00 | ステキビト色イロ | Comments(4)  

まほうの指先

地元から福岡に遊びにきていたころから、
いつもイムズのインフォメーションのお姉さんの帽子が
気になってしょうがなかった。
”いつもかわいいのかぶっちゃって…”とうらやましかった。
福岡にきて半年たったころ、
気になっていた建物にあった、帽子やさんにふらりと立ち寄った。
見たことないくらい楽しい帽子、しかもハンドメイドなんて!
お店にすぐにひきこまれる。
話してたらなんと、イムズの帽子もずっと作っているというじゃないですか!
「エナジーハットショップ」さん。
http://www.energyhatshop.com//?eid=29

3日にオープンした阪急百貨店の1階、ハットステーションにも登場。
d0191206_0521744.jpg

くすぐる帽子たち。見てても楽しいですが、かぶると更にハイテンションに。
デザインやサイズを相談してオーダーも可能。
長い付き合いができる帽子にあえますよー。
d0191206_056343.jpg

作者のkyokoさん。
元々帽子好きでしたが、この方に会ってしまって、帽子が生活に欠かせなくなった。
いま、お願いして帽子を被ることから、つくる楽しさを教えてもらっています。
アトリエの同じ机で作らせてもらっていますが、
制作中は手元をみる地道な作業。(あ、わたし、口はうごいてます^^)
ふと顔をあげると、kyokoさんの作業が終わって、
とんでもなくステキな作品が目の前に産まれていて、びっくりすることがある。
どんなアイデアがつまっているのか、アタマの中を開けてみてみたい、
とよく思いますが、まさにこの瞬間、それを目撃した感じ。
アタマの中にあったイメージを形になって飛び出させる、まほうの指先。

d0191206_1361531.jpg

ところで…あたらしい博多駅前。
新しいものにすぐに飛びつかないぞ、と思っていたけど、
職場のブラインド越しに駅前をみてたら、
これだけの準備に係った人たちのなのか、ここからスタートを切る人たちのなのか、
よくわからないけど、新しい事がはじまるだだならぬ大きな気を感じて、
がっつり飛びつくことにした^^
いい気が集まってそうな、今まさにパワースポットかも。
様子を伺っている方、早速でかけてみませんか?!
[PR]

by hue2010 | 2011-03-06 01:53 | ステキビト色イロ | Comments(2)  

ウリ ソンセンニム 東京へいく

韓国料理教室のなか先生が、3月から上京、
4月から東京教室も開催する新たなスタートをされます。

教室に通いだして約2年。
ご自宅なので定員6名で2ケ月に一回のペース。
いつも一人で参加しているのですが、
こちらの教室を通して、色んな方と出会う縁をもらっています。

そんな教室の方々が、先生の壮行会を企画してくださり、私も参加。
ドレスコードはエプロン。先生には絶対ナイショ の連絡メールが^^
個人で通うタイプの教室なのに、50人を超える方の参加。
ナイショで先生を誘導する方、受付、連絡、企画、進行する方、
完璧にミッションをこなすみなさんに脱帽。
(ステキな企画発案、ありがとうございました!)

プロ級の仕掛けに、なか先生も全く気がつかず登場で大成功!
初めてお会いする方もたくさんでしたが、色んなお話できて楽しかったナ.
先生の挨拶で、どっと笑ったり、一気に涙ぐんだり、一同大忙し。

韓国語ではウリ(私たち)がいろんな言葉の前につきます。
(ウリナラ(国)、ウリオンマ(母)という具合に…。)
先生を囲むみなさんの表情がとっても暖かくて、
まさにウリソンセンニム(私たちの先生)なんだな、って感じた夜。
そんなみなさんからのメッセージを込めるカードを
なにかできることないかな、と思って作らせてもらいました。
d0191206_22344145.jpg

袋の ナカ から ナカ さんが登場する〜(ダジャレです)

そろそろお気づきかもですが、カメラを忘れて写真がないんです…。
私の理想の人ランキングに上位ランクインしているご主人ののりえもんさんと、
私のイケてる女子ランキングに上位ランクインしているなか先生の熱いハグも、
会場いっぱいの笑顔も、写真がない分記憶に残しますっ。

なか先生からは、いっぱいキラキラがでていました。
福岡で韓国とそれを取り巻く人がどんどん繋がっていったように、
これからは東京までも繋がって、きっと境目がどこかわからなくなることでしょう。
東京のみなさま、一度入ると魅惑の世界、抜けれなくなるからご用心デス^^

次の福岡での教室は5月。
キラキラした人に会うのに恥ずかしくないよう、
私も”キラ”がでる女を目指して前進したい。
[PR]

by hue2010 | 2011-02-27 23:13 | ステキビト色イロ | Comments(5)  

匂いがする方向へ…

韓国文化への興味から、ポジャギをしたりする中で、
「こんな方がいるのよ〜。」と教えて頂いて通いはじめた韓国料理教室。
福岡にきてから特に、私は鼻がきくみたい。くんくんくん、くんくん。
なんだか楽しいことがおきたり、好きなものがある方向から匂いがするんです(笑)
はじめてご自宅での教室に行ったときから、
くんくん、臭う!(あ、コチュジャンの匂いじゃないとよ)
匂いは年々増して通うこと3年。(キムチの匂いでもないとよ)
匂いの発信源、みーつけた!
d0191206_13575414.jpg

なかせんせい。
先週、教室の忘年会があって、集まった方の数に圧倒!
今年大ブレイクのAKB48も、YKN48(48では収まらない)に真っ青ね、きっと。
みなさんも、くんくんしてたらたどりついたんでしょね、私と一緒だ〜。
教室で出会った方々それぞれも、また匂いを放っているから
焼き肉やさんのお肉の匂いに負けないパワーが満ちていた。
韓国の話以外でも、色々教えて頂いたり、聞いて頂いたりするみなさん。
年齢や生活環境はぞれぞれですが、
みなさん韓国つながりのおともだちと呼ばせてもらっています。
余談ですが、会の抽選会に私も景品を作成させてもらいまいした。
その中のひとつ。
d0191206_14184848.jpg

d0191206_1418572.jpg

何を作ろうか迷いましたが、来年のうさぎ年に向けて、
一年楽しい予定がいっぱいになるように、カレンダーと写真たて。
こちらが当たった方が「うさぎ飼ってるんです」と話しかけてくださり嬉しかったな。

教室の匂いは、勉強された韓国料理への愛情だけじゃない。
玄関をはいると、いつも季節の室礼。「こんにちは〜。」というと
キッチンから「は〜い、◯◯ちゃんど〜ぞ〜♪」と大っきな声がする。
料理と季節にあわせたテーブルセッティングとお花。
通いだしたころ、作ったあとに参加されたみなさんとお話する時間の会話の中で、
「私、おいしいものを食べるのが好きな人に悪い人はいないと思うんですよ〜。」
と言って、せんせいがハハハーと笑ったのが印象的だった。
先生だけど、私にとってはオンニ(お姉さん)と呼びたくなる女性。
来年はさらなる飛躍の予感のオンニ。
オンニの匂いばかりかいてはいられない、
わたしもいろんな匂いが放てる女性を目指さなくっちゃ!
[PR]

by hue2010 | 2010-12-21 14:53 | ステキビト色イロ | Comments(0)  

冬のサテラ展

首元、手元、耳元にとまって、
日々の生活を楽しくしてくれるアクセサリーブランド「サテラ」。
福岡に転勤したころ、たまたまネットでみつけて、
当時清川のアトリエに行ったのがご縁のはじまり。
年に1回この時期にある「サテラ展」は私にとって今年でもう4回目になる。
初日の今日、地元の友だちもやってきて、再会で楽しいテンションでショップへ。
今年のテーマは「サテラの花と砂模様」
d0191206_2347497.jpg

テーマをイメージするディスプレイは、
もうひとつのブランド「アグタン」のデザイナー、さやかさんの手作り。
ショップでは、ブランドの世界観を空間で楽しむこともできる。
d0191206_23493880.jpg

ほんとは来る前から狙っていたものがあったのに、
デザイナーの林さんが、この時期にあわせて毎年あたらしいデザインを作るから
お陰で大混乱ですよ、こちらは。あれやこれや試着を重ねて
今年は私の生活に、こちらの2連リングが仲間入りすることに決定。
d0191206_2359983.jpg

そういえばはじめてサテラに行った日も、私はいろいろ試着して相談した。
その時、たまたま林さんが見ていないうちに外したものがあった。
「あ、それ着けたとこ見てなかったから、もう1回つけてもらってもいいですか?」
と言われたのを覚えている。
私がこのお店から離れられない理由は、
作品へはもちろん、身につける人へのふたりの暖かさも受けとるからなんだろうな。
d0191206_0304152.jpg

林さんとさや香さん夫婦。
私がおばあちゃんになったら
「これは40年前にかったとよ〜、こっちは20年前。」とか
言いながら孫にかしてあげて、一緒につけて外出したいな。
なが〜く一緒に過ごしたい。

デコレイト・ミー
福岡市中央区薬院3−3−8−2階
http://home.de-me.com/?eid=29

[PR]

by hue2010 | 2010-12-16 01:12 | ステキビト色イロ | Comments(2)  

かぼちゃ姫

2005年の韓国派遣から、東京ー長崎、今は東京ー福岡の距離なのに、
ずっと仲良しの友だちが久々にやってきた。(私たちは遠距離恋愛と呼んでいる)
この5年、お互いに訪ねたり、韓国で現地集合したり。
歳も生活環境も全く違うけど、いつも大いに笑い、食べ、しゃべり、
お互いのいろいろを真剣に話す。彼女の感性や私への言葉にいつも刺激をうける。

私「福岡でなにしたい?」
彼女「韓国料理たべて、いっぱいしゃべりたい」 
了解.福岡で韓国気分満喫して、大好きなかぼちゃいっぱい食べてって!

ランチは韓国料理
d0191206_2138611.jpg

うちで飲んだのは、韓国茶いろいろ。オミジャ茶、ナツメ茶、ユズ茶、
トウングレ茶、スヨン茶…。
朝ご飯は、韓国で揃えた食材を使って。干しダラのスープ、かぼちゃやいもを
ナツメや松の実と一緒に合えたサラダ、韓国のり、16穀米…。
夜ごはんのイタリアンでもかぼちゃのリゾット発見!即決注文
d0191206_21393083.jpg

おやつにはかぼちゃのおもち(この日の為に韓国から買ってきて冷凍してた)とユズ茶
d0191206_21411612.jpg

この日はラッキーなことに、大好きな韓国料理の先生のユズ茶教室があり参加。
他にも、帽子屋さんのイベント行ったり、アクセサリー屋さんいったり、
私が好きな福岡のいろいろをまわりました。

韓国語では、自分本当の兄弟と区別することなく、歳下の人をトンセンと呼び、
女性からみて、年上の女性はオンニ、男性はオッパ、
男性からみて、年上の男性はヒョン、女性はヌナと呼ぶ。
初めはなぜわざわざそんな呼び方するんだろ…と思っていたけど.ここ数年で
色んな人に出会い、歳や性別に関係なく接してもらう中で、
そう呼びたいきもち、納得!
韓国は人と人の距離が近い。私が好きな韓国文化のひとつ。
尊敬するオンニのような先生と、かわいいトンセンの奇跡のツーショット。
d0191206_21213044.jpg

これまでの写真振り返るといっぱいあったかぼちゃの写真。
d0191206_2212674.jpg

d0191206_22134510.jpg

d0191206_22285929.jpg

また韓国集合できるといいね。
これからも、いっぱいかぼちゃと私たちの写真ふやそう。
日常で、かぼちゃをみると元気にしてるかな〜と思いだす。
かぼちゃが好きな彼女。
彼女を好きな私。
[PR]

by hue2010 | 2010-11-29 22:31 | ステキビト色イロ | Comments(4)