ありがとう、さよ〜なら、ア〜〜メリカ

3年間のアメリカ生活を終えて日本に急遽戻り、2ヶ月以上が経ちました。住んでるときは行かなきゃ行けなくて面倒に感じたりもしたアメリカのスーパーに無性に行きたくなったり。
あっと言う間に違和感なく日本の生活に馴染み、住んでいたことがすでに嘘みたいです。
まだ感想が残っているうちに、自分のために記録しておこうと思います。
アメリカ生活のはじまりは妊娠6ケ月。この状況から引っ越し片付け、生活立ち上げ、苦手な運転免許の取得、出産、子育て…と、右も左も分からないうちから、初めて尽くしで、何事も器用にこなせないタイプの自分としてはよく頑張ったね〜、と言ってあげたい。
アメリカ生活では、ほんとにたくさんの人に助けてもらいました。産まれてからは、同じ状況のお母さん同士のお友だちとの出会いに支えられました。子育ての話はもちろん、子育て以外の美味しいものとか暮らしの話、時には旦那さんの愚痴を吐き出し合い…^_^いざ帰るとなると、お別れも寂しく、ほんとに感謝でいっぱいです。自分がしてもらった事、してくれた方々には返せませんが、次に自分が助ける側に来たときに、他の人に返して繋げていけたらいいなと思います。
d0191206_14110116.jpg
仲間うちで移動する人も多く、夏には家族ぐるみでバーベキューしたり楽しんでいましたが、たまたま妊婦さんが3人もいたこともあり、他のお友だちがベイビーシャワーをしてくれました。こんな経験や誰かにしてもらったこと、忘れないようにしたいと思います。長女出産時にもベイビーシャワーをして頂き、シアワセ者です。日本人のお友だちはもちろん、道ですれ違ったりするアメリカの方々の明るさ、妊婦だったり子どもと一緒にいるとよく話しかけてくれて、娘を可愛いと言ってくれたり。すっとドアをあけてくれたり、買い物で手こずっていたりすると、手伝うことある?と声をかけられたり。人との距離感を暖かく感じました。また、教会でボランティアでやってくれる英語のクラスに週1回通っていましたが、そこでも アメリカンの先生が、最後にサプライズでベイビーシャワーをしてくださいました。アメリカの季節行事や風習も、娘がいたことで、より感じるチャンスをたくさんもらったと思います。海外で生活したことで、日本の素敵も再確認できたし、どちらがいいということではなく、それぞれのいいところを大事に、自分の中に取り入れられたらと思います。
こちらは、はじめてアメリカに来たときに撮った写真。海と空の青と星条旗は似合う。カリフォルニアの太陽のパワーには、くよくよしても仕方ないと、ひとを元気にするチカラがありました。帰国前、アメリカは独立記念日、カリフォルニアはビーチシーズン真っ盛りだったので、比較的地域関連商品も多くて、想い出にいくつかグッズを買いました。記録したかったのですが、あまりにも時間がなく写真も撮れずにアメリカの自宅に置いて来たまま。アメリカに来たばかりの頃、帰るときにここでの生活が楽しいものになったら買ってかえろうと思っていた、住んでいたオレンジカウンティの絵柄に刺繍がされたクロスも買えましたし、春以降にこれらの物に会えるのも楽しみ!
d0191206_09474927.jpg
余談ですが、帰ってきてから行ったUNIQLOで、OC (住オレンジカウンティの略)と書かれたトレーナー発見!見間違いかと思いましたが、カリフォルニアメモリーズというシリーズがあるみたいでした。タイムリーでビックリ。
春以降にしか会えない物がもうひとつ。スニーカーを買うことが続いていたのに、7月になって、サイドにレインボーのラインが入ったスニーカーに出会う。虹色だなんて私が買わなきゃ!と、なんとなくナイショでへそくりで買ったスニーカー。完全犯罪だったはずが、サイズがなくて配達されることになったのが当初より遅れて、私が去った2日後に到着。もちろん旦那さんにはしっかり知れて苦笑い…。最後に足跡を思いっきりつけて帰ってきました^_^
旦那さんはまだアメリカでの仕事が続いていますが、2人ではじまったアメリカが3人になり、お互いしか頼れない中で、夫婦から家族になって帰ってきたように感じます。色々な経験や出会いを得るきっかけをくれたことにも感謝です。いまは3人から5人に なる為に病院のベッドからです。また新しい挑戦。不安もありますが、アメリカでの経験が次にも活かせたらいいな。

[PR]

by hue2010 | 2017-10-18 04:00 | アメリカの日常色イロ♪ | Comments(0)  

<< ちょっとだけ長崎くんち 長崎中華街のフルーツ大福 双葉屋 >>