新しい生活と未知の世界への挑戦

9月になりました。まだまだ日中は暑いですが、朝晩涼しくなってきて、ようやく生活に慣れてきました。
というのも、ちょうど3年間のアメリカ生活を急遽終え、旦那さんを残してお盆前に娘と長崎入りして暮らし始めています。
注:ケンカは多いですが破局ではありません(^-^)
帰国したのは、娘がお姉さんになることがわかり、またアメリカで出産するつもりで準備していましたが、3ヶ月目になんと双子だと判明!
ドッキリかと思いましたが本当だったので、さてどうしようと家族会議。全く知識がなかったのですが、双子でもタイプが色々あり、私の一卵性の双子のタイプも、通常妊娠よりもリスクが高いので、産前の入院が長くなる可能性があり、アメリカでそうなると娘のお世話ができなくなることから、実家がある長崎で出産することに決定。6.7月とアメリカに戻り、出産準備、検診、お世話になった皆さんやお友だちとのお別れ、荷物整理など、目まぐるしい2ヶ月を過ごして日本へ。突然の決断でしたが、なんとか必要最低限のことを済ませて、あとは旦那さんに任せて帰国。今のところ、私とお腹の双子も元気に猛暑を乗り切ったところで、娘もお父さんやお友だちとはお別れでしたが、ジィジ、バァバと日本の夏を楽しんでくれている様子です。
d0191206_01204420.png
長崎市では、双子は検診の段階から総合病院でしかみれず、私のタイプだと何もなくても2ヶ月前から入院、双子の大きさに差がでる、早産の可能性がある、等となるともっと早くから入院になるらしい。
そうなると、父はアメリカ、母は病院で娘も寂しいだろうし、産後の赤ちゃんたちのお世話を考えても、帰国後真っ先に娘の保育園探しをはじめました。わたしの実家は市内の中心部で、しかも今年は2歳児の保育希望が多いらしく、8件くらい空きを聞いても入れず。かなり焦りましたが、うちからは少し離れた認定こども園である幼稚園に通えるようになりました。
お友だちとお別れした後、この1ヶ月は同じ年頃のこども同士で遊ぶことがなかったので、楽しい毎日になることを願っています。
さて、娘のことが落ちついたら、今月からは、入院準備と双子育児という未知の世界への準備をしなくてはいけません。おまけに出産のために帰ってきたので、実家に間借りでの子育て。ベビー服など小さなものは持ち帰れましたが、チャイルドシート、ベビーカー、スウィング、ベビーベッドなど、アメリカで使用していたサイズは日本には向かないし、どちらにしても双子には使えません。取り急ぎ帰国したので、必要最低限しか持ち帰れず、春からどこで生活するかもまだ未定なので、レンタルしたりして過ごすつもりです。双子育児に詳しい方、色々調べてはみていますが、レンタル等での乗り切り方など、詳しい方はぜひアドバイスください。もちろん双子育児についても。リスク、心配、不安、迷い、色々ありますが、2人は日々着実に成長しており、眼でみても動いているのがわかるようになってきていて、母ちゃんも前向きに進みたいと思います。応援よろしくお願いします!

[PR]

by hue2010 | 2017-09-03 15:51 | 双子育児に挑む色イロ | Comments(2)  

Commented by yukiful-xmas at 2017-09-03 20:14
順調そうでなによりです。
着々と準備もすすんでいるようですね。
幼稚園も、決まって良かったネ!
なかなか希望通りに入れない時代で頭痛いです。

うちは2人生まれる予定が3人に!( ´艸`)
HUEちゃんのベイビーちゃんも併せたら5人!
ホントにホントに楽しみです。
Commented by hue2010 at 2017-09-03 21:30
> yukiful-xmasさん
おかげさまで今のところは心配していたトラブル無しできています。
赤ちゃん、長男さんのとこもですか⁈スゴイですね〜!大忙しの予感ですね〜〜。
うちの2人も人数に入れてくれてありがとうございます!
話は変わりますが、今日久しぶりにあのパン屋さんのパンたべれましたよ^_^

<< 2歳7ケ月のことばの記録 テニスと野球のプロに会いに行く >>